ビジネスマンにはクレジットカードの2枚集約利用がお勧めです

クレジットカードの枚数は、どうしても増えがちですが、何枚も持ち歩かずに常時利用するカードは集約するのが管理の点から必要です。ビジネスマンの場合には、出張時の旅費や宿泊代を立て替え払いする会社用と、私的に利用するクレジットカード各1枚の2枚に集約する利用方法がお勧めです。会社用のクレジットカードの引き落とし口座と、会社から出張精算後に立て替え分や出張手当が振り込まれる口座を同じにしておけば、会社から振り込まれた後にクレジットの引き落としが生じるため、口座の残高を気にする必要がないのが大きなメリットです。また2枚持っていれば、突発的に大きな支払いが必要になった時でも限度額はそこそこある為、これでリスク対応も十分です。ポイントや付帯サービスを活用する以前に、基本機能を適切に活用し、その管理が楽になるクレジットカードの活用方法を習慣づける事が大切と言えるでしょう。